『憲法と教育』〜子どもの幸せと教育の自由〜 in 岐阜

投稿日:

2018年5月20日に岐阜で「『憲法と教育』〜子どもの幸せと教育の自由〜」というワークショップを実施してきました。憲法ワークショップを東京以外の場所で開催するのも、憲法ワークショップの講師として招待されるのも初めてでした。ついでに岐阜という土地に行くにも初めてでした。

辛亥革命と鹿児島〜黄興と西郷隆盛

投稿日:

歴史は人が作る。しかし、人生とは偶然の連続である。ちょっとした出会いが、いとも簡単に人生を変えてしまう。これは身近に溢れた光景だ。とすれば歴史は偶然の産物か。けれども偶然が起こりやすい状況も実際にあるように感じる。歴史があたかも大きな筋書き通りに進む劇場であるかのような錯覚を起こすのは僕だけであろうか。

【中国旅行記⑨】日本と中国の革命は終わっていない

投稿日:

2018年1月24日から1月31日まで、中国の香港と広州を訪れていました。この中国旅行記では、そんな旅を通して、肌で感じたことや考えたことシリーズに分けて書いています。

これまで8回に渡り、中国旅行記を書いてきましたが、今回が旅行記の最終回です。

【中国旅行記⑧】孫文の遺言と革命の震源地、広州

投稿日:

2018年1月24日から1月31日まで、中国の香港と広州を訪れていました。この中国旅行記では、そんな旅を通して、肌で感じたことや考えたことシリーズに分けて書いています。

広州は辛亥革命の震源地である。ここから中国全土を突き動かす運動が起こった。

憲法も私たちも生きている〜湧き出る新たな権利たち

投稿日:

私たちは、嬉しかったら笑い、ツネられたら痛いと叫ぶ生き物である。そんな私たちから生まれた憲法も生きているのではないか。けれども、憲法が私たちから生まれたことなんてスッカリ忘れ去られ、親しみさえ感じない。憲法は固まったまま、死んだも同然なのではないか。でも一体どうすれば・・・?

【中国旅行記⑦】自由の女神と辛亥革命〜黄花崗公園

投稿日:

2018年1月24日から1月31日まで、中国の香港と広州を訪れていました。この中国旅行記では、そんな旅を通して、肌で感じたことや考えたことシリーズに分けて書いています。

「あれは、自由の女神だよ。中国ではたった一つここだけにあるんだ。」

現地で案内をしてくれている中国人の案内人が指を差す。その方向へ目を向けると、ピラミッド上に積み重ねられた石碑の上に、自由の女神が佇んでいる。

【中国旅行記⑥】山田良政が斃れたライチの木へ

投稿日:

2018年1月24日から1月31日まで、中国の香港と広州を訪れていました。この中国旅行記では、そんな旅を通して、肌で感じたことや考えたことシリーズに分けて書いています。

《中和の歌》
中国革命、何目指す。
それは、第二の御一新。
亜細亜連帯の革命歌。
西郷隆盛、道義を訴える。
孫文、王道文化を訴える。
中和は、亜細亜の天命か。
中する国とは、中国か。
和する国とは、日本か。
嗚呼、中和の人民よ。
この混迷を駆け抜けよ。