『中国はますます衰弱し、今やその限界に達した。上層は守旧・怠慢でありながらうわべを取り繕い、下層は無知・蒙昧なため先を見通せる者は少ない。堂々たる中華の国が隣国に対抗できず、壮麗な礼節が異民族に軽蔑されている。志ある者は、心を痛めずにいられようか。

そもそも四億もの多数の人民、数万里もの豊穣な土地があれば、発憤して強者となり、天下無敵となりうるはずだ。しかし、政治は治らず綱紀は乱れ、朝廷は爵位・官職を売り、公然と賄賂が行われている。役人は人民・土地から搾取しており、虎や狼よりも暴虐だ。盗賊が横行し、飢饉が頻発し、難民は野に満ち、人民は生きていけない。ああ悲惨であることよ。

今や強力な隣国が取り囲み、虎や鷹のような目つきで、わが中国の豊富な鉱物・物産を久しく狙っており、徐々に併呑しようと相次いで押し寄せてくるので、瓜分の危機が目前に迫っている。ああ危険であることよ。

心ある者は大声で慌しく叫ばずにはおれず、急いでこの民を水火の苦しみから救い、大廈が倒れそうになるのを支え、わが子々孫々に至るまで、異民族の奴隷になることを免れるよう願う。特別に志士を集めて中華を振興し、優秀な人士の力を結集して助け合おうとするものである。同志諸君が自ら努力することを願う。』

1895年2月21日 香港

この文章は、孫文が辛亥革命のために立ち上げた香港興中会の規約の前文である。彼らの痛烈な叫びは、読む者の心を突き通す。彼らはなぜ革命を起こさなければならなかったのか。否。彼らは革命を起こさざるを得なかったのである。革命とは歴史的な必然である。

つづく。