本日は、防草シートをひっくり返す作業。シートが大地を覆っていても、シートを突き抜ける強者たちが草木の世界にもいる。そんな草木の生命力に感心しながらも、作業を続ける。

根や釘が絡んでいるので、この作業には腕力が求められる。僕の職業は、パソコンのキーボードを叩くエンジニアなので、20分も作業をすれば、腕が悲鳴をあげる。「こんな重労働は仕様書にない」と怒りそうな腕たちに我慢してもらう。

今日は助っ人が来てくれた。WEB制作の仕事をしてるので同業者のはずだが、草刈機を肩にかければ、もうその道の人にしか見えない。背中が物語る。

写真では分かりにくいが、シートをひっくり返すとフレッシュな茶色の土が顔を見せる。まるで息を吹き返したかのように生き生きしている。

汗をかき、水を飲み、風が吹く。その瞬間はちょっとしたパラダイスである。暑い日の作業合間の休憩は最高である。用意してくれた梅ジュースが疲れた身体にキュッと染み込む。

開墾の作業としては、もう1日だけ防草シートをひっくり返せば、ボスのビニールハウスに取りかかれそう。

つづく。