朝6:00に始発のバスであした農場がある小野路へ向かう。畑への道を歩いていると、秋の虫たちが心地良い音を奏でている。そういえば、この一週間で秋の趣が出てきた。

今日は涼しかったので、開墾が進む!涼しいと生命体は活発になるのか、蚊も元気いっぱい!

本日の作業は、防草シート剥がしと篠刈り。

大量の篠が残っていたが、あした農場の渡辺さんが考案した渡辺メソッドが功を奏し、篠を刈り終える。

ちょうど良い感じにスペースが広がっているので、秋には収穫祭をやるのもありだ。食欲の秋、芸術の秋、開墾の秋。

本日は助っ人に北海道で畜産を学ぶ大学生が来てくれる。ホルスタインとジャージー牛の性格の違いを教えてもらう。ホルスタインは大きいが性格は温厚。ジャージー牛は小さいけど、気性が荒い。ただ、おとなしいホルスタインも発情期になると暴れ出すので注意が必要とのこと。

篠狩りを終えると防草シートが現れる。気づいてはいたが、苦戦した防草シートの再登場に目がくらみそうになる。

開墾の道のりは長い。

休憩中に開墾した土地を歩いていると小さい草の芽がたくさん出ているのを発見する。

何度でも立ち上がる雑草たちに妙な親近感を覚える。

「人生の先輩かもしれない…」

つづく。

つづく。