『憲法と教育』〜子どもの幸せと教育の自由〜 in 岐阜

投稿日:

2018年5月20日に岐阜で「『憲法と教育』〜子どもの幸せと教育の自由〜」というワークショップを実施してきました。憲法ワークショップを東京以外の場所で開催するのも、憲法ワークショップの講師として招待されるのも初めてでした。ついでに岐阜という土地に行くにも初めてでした。

憲法も私たちも生きている〜湧き出る新たな権利たち

投稿日:

私たちは、嬉しかったら笑い、ツネられたら痛いと叫ぶ生き物である。そんな私たちから生まれた憲法も生きているのではないか。けれども、憲法が私たちから生まれたことなんてスッカリ忘れ去られ、親しみさえ感じない。憲法は固まったまま、死んだも同然なのではないか。でも一体どうすれば・・・?

『食と憲法』ワークショップ

投稿日:

1月20日に『食と憲法』というテーマで憲法ワークショップを行いました。「食・・・憲法・・・?」と、珍しい組み合わせに不思議に思うかもしれませんが、食と憲法には、共通点があります。それは自分たちの暮らしの根っこに関わっていることです。のちに紹介しますが、最近の世界の憲法では、食に関する記述がそこそこあります。

くにまもり演説大会の二次審査に参上いたす

投稿日:

友達の紹介で『くにまもり演説大会』という大会にエントリーしている。本日は二次審査があった日。7分間という限られた時間で自分の思いを伝えるのは、とても難しい。かといって長く話せば良く伝わるかというとそういう問題ではない。不要な言葉を削って、エッセンスだけを抽出する作業は、何だか職人になった気分にさせる。

話したテーマは、『憲法議論と日本の未来』。僕はコテコテとした演説はできないので、ヒョウヒョウとした話し方になってしまう。二次審査の結果は、12月17日の分かるそうだ。結果はどうなることやら。

以下にスピーチ内容の全文を載せておきたい。そういえば、会社を辞めた下りの話では、会場からどよめきというか笑いが起こった。自分の人生を笑い飛ばすことができれば、実に楽しいものだ。

憲法9条の変更に対する僕の意志

投稿日:

ただいま韓国ソウルにいます。韓国でいろいろと学んでいます。

考えたことが一つあります。「政治的な意志を表明することは、始まりであること」です。

衆議院選挙が終わり、憲法論議が加速化していきます。それに先立って自分の考えを明示します。

僕は憲法9条の変更は、以下の議論や動きが行われない限り、反対です。条件に満たない場合は、声を上げ、行動します。