演説『ニート憲法と日本の未来』

投稿日:

友達の紹介で「くにまもり演説大会」にエントリーしていました。1月7日の第三次審査を通ることができず、2月11日の本戦に出場することができませんでした。自分の中のベストは尽くしたので、悔いはありません。しかし、期待や応援をしてくれた方々には、その気持ちに応えられずに申し訳ないです。

おかげさまで、今年の2月に憲法草案を発表してから、たくさんの人と出会い、そして、話をして来ました。演説の原稿を何度も書き直している時も、自宅の壁に向かって演説の練習をしている時も、いろんな人たちと向き合ったシーンが頭に浮んできました。僕が憲法を通して出会った人々の思いを7分間に詰め込んだつもりですが、自分の力が足りなかったなと感じました。自分の器がまだまだ小さいことを自覚しながら、今後の糧にしていきたいです。その時の原稿を載せておきます。