天皇は日本の肚である

投稿日:

これは、憲法草案に天皇をどのように記述しようか悩んでいたときの話である。憲法草案を書くなかで最も悩みが多かった部分が、天皇と安全保障に関わる条文である。権利(道理)や統治機構に関連した条文は僕が思うところを形にできた。けれども、天皇と9条に触れる箇所は、憲法でも大きな議題になり、その個人の歴史認識が大きく問われることもあり、どのように表現するかは多いに頭を使った。福沢諭吉の尊王論、三島由紀夫の文化防衛論、昭和時代の国体論などを読んでは、自分の中での天皇像を探る作業をしていた。