辛亥革命と鹿児島〜黄興と西郷隆盛

投稿日:

歴史は人が作る。しかし、人生とは偶然の連続である。ちょっとした出会いが、いとも簡単に人生を変えてしまう。これは身近に溢れた光景だ。とすれば歴史は偶然の産物か。けれども偶然が起こりやすい状況も実際にあるように感じる。歴史があたかも大きな筋書き通りに進む劇場であるかのような錯覚を起こすのは僕だけであろうか。

【中国旅行記⑨】日本と中国の革命は終わっていない

投稿日:

2018年1月24日から1月31日まで、中国の香港と広州を訪れていました。この中国旅行記では、そんな旅を通して、肌で感じたことや考えたことシリーズに分けて書いています。

これまで8回に渡り、中国旅行記を書いてきましたが、今回が旅行記の最終回です。

【中国旅行記⑧】孫文の遺言と革命の震源地、広州

投稿日:

2018年1月24日から1月31日まで、中国の香港と広州を訪れていました。この中国旅行記では、そんな旅を通して、肌で感じたことや考えたことシリーズに分けて書いています。

広州は辛亥革命の震源地である。ここから中国全土を突き動かす運動が起こった。

【中国旅行記⑦】自由の女神と辛亥革命〜黄花崗公園

投稿日:

2018年1月24日から1月31日まで、中国の香港と広州を訪れていました。この中国旅行記では、そんな旅を通して、肌で感じたことや考えたことシリーズに分けて書いています。

「あれは、自由の女神だよ。中国ではたった一つここだけにあるんだ。」

現地で案内をしてくれている中国人の案内人が指を差す。その方向へ目を向けると、ピラミッド上に積み重ねられた石碑の上に、自由の女神が佇んでいる。

【中国旅行記⑥】山田良政が斃れたライチの木へ

投稿日:

2018年1月24日から1月31日まで、中国の香港と広州を訪れていました。この中国旅行記では、そんな旅を通して、肌で感じたことや考えたことシリーズに分けて書いています。

《中和の歌》
中国革命、何目指す。
それは、第二の御一新。
亜細亜連帯の革命歌。
西郷隆盛、道義を訴える。
孫文、王道文化を訴える。
中和は、亜細亜の天命か。
中する国とは、中国か。
和する国とは、日本か。
嗚呼、中和の人民よ。
この混迷を駆け抜けよ。

【中国旅行記⑤】辛亥革命は何を目指したのか

投稿日:

2018年1月24日から1月31日まで、中国の香港と広州を訪れていました。この中国旅行記では、そんな旅を通して、肌で感じたことや考えたことシリーズに分けて書いています。

今回の中国旅行の目的は、辛亥革命の精神を学ぶことである。現代を生きる私たちは約100年前に中国で大きな地殻変動があったことを知らないし、そこに多くの日本人が協力したことを知らない。

中国を歩きながら、宿でゴロゴロしながら、そして行く先々で立ち止まっては、一つの問いばかり考えていた。

香港興中会章程

投稿日:

『中国はますます衰弱し、今やその限界に達した。上層は守旧・怠慢でありながらうわべを取り繕い、下層は無知・蒙昧なため先を見通せる者は少ない。堂々たる中華の国が隣国に対抗できず、壮麗な礼節が異民族に軽蔑されている。志ある者は、心を痛めずにいられようか。

【中国旅行記③】革命と主権

投稿日:

2018年1月24日から1月31日まで、中国の香港と広州を訪れていました。この中国旅行記では、そんな旅を通して、肌で感じたことや考えたことシリーズに分けて書いています。

香港には、『孫中山紀念館』という辛亥革命の指導者である孫文を讃えた記念館があります。この記念館は、僕がずっと訪れたかった場所の一つです。

【中国旅行記②】孫文の革命精神を生んだ香港を歩く

投稿日:

2018年1月24日から1月31日まで、中国の香港と広州を訪れていました。この中国旅行記では、そんな旅を通して、肌で感じたことや考えたことシリーズに分けて書いています。

“Hong Kong and the University of Hong Kong were the birth place of my knowledge.”

(香港と香港大学は、私の知性が誕生した場所である。)

孫文ー1923年2月20日香港大学

【中国旅行記①】辛亥革命を学ぶ理由

投稿日:

2018年1月24日から1月31日まで、中国の香港と広州を訪れていました。この中国旅行記では、そんな旅を通して、肌で感じたことや考えたことシリーズに分けて書いています。

まずは、なぜ私が中国へ旅行しようと思った理由についてお話しします。私が中国について思いを馳せるようになったのは、この記念碑の存在を知ってからです。