桐山 洋平(きりやま ようへい)

WEBエンジニア/フリーライター

仕事の依頼は、「問い合わせ」から。

経歴

1991年東京生まれ。八王子育ち。

大学生時代の2011年に中東のシリアへ訪問した際にデモを目の当たりにし、政治に関心を持ち始める。

2012年に半年間のアメリカでのインターンシップを通して、プログラミングの面白さに気づく。帰国後、東京のITベンチャー企業でインターンとして働き始め、大学中退後に同社に正社員として入社する。PHP/Ruby/MySQL/Javascript/CSS/HTML/AWSを用いたWEBサービス開発やAkamaiによる動画配信基盤を構築する。

2016年から憲法に関心を持ち始め、世界の憲法や日本の憲法に関連する歴史を独学で勉強し始める。2016年8月に同社を退職後、フリーランスのWEBエンジニアとして働きながら、憲法の勉強を続ける。2016年3月から1年間「改憲でも護憲でもなく、ゼロベースで憲法を考える」目的で考憲会議という憲法勉強会を開催する。

2017年2月11日に「桐山憲法草案」を発表する。

2017年4月に「憲法未来研究会」を立ち上げる。

2016年~2017年まで九州の月刊誌「フォーNET」で憲法に関する記事を寄稿。

現在は、全国で憲法に関連したイベントや勉強会を共催・開催している。

関心

東アジアの歴史と平和/憲法/ルドルフ・シュタイナー/東洋思想

おまけ

from 仙厓 『指月布袋画賛』